個人情報保護方針

個人情報保護方針書

一般社団法人 愛知PFS協会(以下、「当団体」といいます。)は、利用者に当団体をご利用して頂く際に、利用者の氏名、住所、電話番号、e-mailアドレス等、ご契約やご連絡に必要な情報(以下、「個人情報」といいます。)を開示していただきます。当団体は個人情報保護法の趣旨のもと、この「個人情報保護方針書」に基づき個人情報を取り扱います。

(個人情報の利用目的)
第1条 当団体は個人情報を以下の目的で利用させていただきます。
1.登録及びそれに伴う諸手続きのために、利用者の氏名、住所、電話番号等の情報を利用します。また、代金の請求に関連して、ご指定いただいた銀行口座等のお支払情報を利用する場合があります。
2.利用者に当団体が行うキャンペーンやサービス、プログラムのご案内に係わるご連絡等をするために、これまでの履歴情報や利用者の氏名、住所、電話番号等の連絡先情報を利用します。
3. 当団体の提供するプログラム改善等を行うために、利用者から寄せられたご意見やアンケートの結果、これまでの履歴情報等を利用します。
4.利用者からのご要望、お問い合わせに対する回答をするために、利用者の氏名、住所、電話番号等の連絡先情報を利用します。

(個人情報の管理)
第2条 当団体は以下の体制で個人情報を管理します。
1.個人情報保護法やガイドラインに従って必要な社内体制を整備し、従業員から個人情報の取扱いを適正に行う旨の誓約書を取得します。
2.個人情報の利用を業務上必要な社員だけに制限し、個人情報が含まれる媒体等の保管・管理等に関する規則を作り、個人情報保護のための予防措置を講じます。
3.コンピューターシステムに保存されている個人情報については、業務上必要な社員だけが利用できるようアカウント及びパスワードを用意し、アクセス制限管理を実施します。なお、アカウント・パスワードは漏洩、紛失のないよう厳重に管理します。
4.サービスに支障が生じないことを前提として、個人情報の受領時から一定期間経過後、個人情報は随時削除いたします。

(第三者提供について)
第3条 当団体はあらかじめ本人の許諾なく、個人情報を第三者に提供しません。
ただし、個人情報保護法その他関連法令に別異の定めがある場合を除きます。なお、ご案内資料等の発送等、利用者へのご案内をするにあたり、配送業者等の必要な外部委託を行う場合は第三者提供には該当しません。

(個人情報の開示)
第4条 当団体は利用者の同意がない限り、個人情報を第三者に開示することはありません。ただし、以下の事例に該当する場合はその限りではありません。
1.法令に基づき裁判所や警察等の公的機関から要請があった場合。
2.法令に特別の規定がある場合。
3.利用者や第三者の生命・身体・財産を損なう恐れがあり、本人の同意を得ることができない場合。
4.法令や当団体のご利用規約・注意事項に反する行動から、当団体の権利、財産またはサービス等を保護する必要があり、本人の同意を得ることができない場合。
5.利用者から個人情報の開示要求があった場合は、本人であることが確認できた場合に限り開示します。

以上

平成26年1月30日制定

一般社団法人 愛知PFS協会
電話:052-228-0280(代表)

お問い合わせ・相談・面談予約はこちら

お問い合わせ・相談等